武術に対する一般の方の認識は相当間違っている。

当道場に体験に来られた方の中のある割合の方、もしくはボツになった?がTV製作会社の方などは
「私は元少林寺拳法部の主将で、コーチもしたことがあるんですが・・」
というと少し気色ばむというか・・
{この人実はすごい人だったんだな・・これはすごいのかもしれない}という顔をする笑
有名な武道の黒帯はすごいか?優勝した人はすごいか?
いやいや、私がやっていることができれば、少林寺拳法や空手が10段でも小学生でも同じようなもので、プロでも歯が立たないという、真のごまかしのない武術、真武の追求なのです。
だからそういう「実績」は無意味というか、それを強調する人は素人をビビらせてるだけですね。
本当に武というものを理解している人からみれば、100円ショップの皿を床の間にならべて飾ってる人みたいなもんです。
私も金が欲しいかといえば欲しいし、有名になりたくないかといえば、なりたくもある。
でもそれよりも確かな武術の実力が欲しい、という気持ちでやってきましたし、その努力の結晶がこの道場の技術です。さらに進化してきていますし、これからもし続ける。
習うんじゃなくて開発する、という気持ちでやっています。習ったって絶対コピーできないもんですから。
10年ぐらい私のカバン持ちしたって意味はそんなにない笑
カンフーに限らず、すべて芸事はまぁ芸術と一緒で、自分の感性を磨き、育てるもんで、先生があれだとか相手がどうとかは二の次三の次なんじゃないでしょうか。
まぁ大学院的に、自分なりのテーマを自主的に研究していかないと・・
出席率を稼ぐとか単語や年号を覚えるとか、無意味な方向にパワーを使わないことが肝要じゃないかと思います。

霊長類最強の男(あるいは女)になろう!

私は何かの世界チャンピオンだったりしませんが・・
どんな強い世界チャンピオンよりもはるかに落ち着いて、いつ何時でも実戦において対応できます。
格闘技は所詮はスポーツ競技であり、いわばルールで縛った遊びであり、死線をくぐりぬけるには到底役不足なのです。
この習得を目指すことは簡単ではありませんが、ナントカ拳法の何段とかになるより確実に意味のあることです。
すぐに身につくようなものはあまり役立ちません。対応も簡単だからです。
どうやっているのか皆目わからんようなものが本当の技であり、最高に頼りになる武器となりえます。
興味のある方の無料体験とご入会、心よりお待ちしています!

今日の練習。

また格闘家のKさんが来られたのですが、他に出席者がおらずマンツーマンとなりました。
前回の試合は不用意なタックルに蹴りを合わせられ失神KO負けという、不本意な結果におわってしまったのですが・・
その様子を動画で見て研究。油断が相当・・笑
まぁしかし、結局は両手推手の間合いから相手に殴らせない、蹴らせない、組ませもしないセーフティゾーンを常に構築しておくこと。
そこからなら自在に殴れるし蹴れるし、好きな形で組めること。
これを自由攻防で確認しあい終了。
ヘッドギア付けて、ある程度当てると、なかなか簡単に組めないし、蹴りも本気なら相当気をつけないと・・
ということがあり、その辺はもう阿吽の呼吸でうまく怪我なくできるレベルにあるので、いい練習でした。
一見地味な練習が、最高に実戦的な稽古になりえること。
そのあたりがまた明確化して、他の方の指導の際にさらに自信をもって語れる気がしました。
体験したい方はメールで申し込みお願いします。
やる気のある方は応援いたしますので、なにかご希望ございましたらご相談ください。