道場の中学生用参考動画。

当道場のあんまりこない中学生が、今度はテコンドーを習いに行き始めたと聞いたのでコレ。もう一人は今日合気道の体験にいきます、と言う。暇なのかな中学生は。

結局、派手な技でビビってくれるのは素人か、それに近い人だけなんだよね。無駄に疲れるだけになる場合が多い。
グローブつけてつかんじゃダメのルールだからまだいいけど、掴みありなら後ろ回しなんてまぁ自殺行為だ。
それでもこうしてプロのリングに上がるぐらい練習してるのはエライ。

これがグレイシー柔術の戦い方。寝技を非常に有効に使ってる。今のスポーツ的柔術とはだいぶ違う。
異種格闘技トーナメントは三回?優勝してるけど、スポーツ柔術の主な大会では一度も優勝してなかったと思う。
しかしこのグレイシーが総合格闘技を作った、といっていいと思う。でも今は寝技できるのが常識だから、打撃もレスリングも強くないと勝てない。
で、今当道場でやってる立ちレスリングは、そこをまさに鍛えてるわけだ。倒されないし、強力なパンチも蹴りも出せる強靭なボディバランスを。
なんでもいいが、中身を作るということ。幹をつくるんだな。「技」はいくら覚えたって使えない。
型の練習ばっかりだとこの有名な動画みたいになる。

これはどう言い訳しても実は強いようには見えないよなぁ笑
まぁでも型練習オンリー派は、だいたいこれの五十歩百歩とみていい。
格闘技の試合は(コワくて?)できないけども、より危険な実戦だと手首ひねったりして鬼のように強い!なんて話を信じられる人のほうがスゴイよなぁ笑 練習してないことが本番でポンポンでて決まりまくるなんてあるか?
・・形意拳の名手郭雲深先生は「半歩崩拳、あまねく天下を打つ」と称えられた。
半歩崩拳は簡単にいえば、やや踏み込んでのストレートパンチ。それだけでみんなやられた。
結局相手を見切ってしまえば、あとは単純動作が一番早い。
・・いろいろやるのは否定しないが、我々の世代は異種格闘技戦をTVで飽きるほど見てきて、結局総合格闘技をやらないといかんことを知ってる。
で、総合格闘技やってみれば・・というかすべてのコンタクトスポーツは、結局は体幹の強さ、バランス能力等がカギになるとわかる。
そういう経緯でカンフー道場の練習体系があるんだな。
一番うまい人の弟子になればいい、とかはバカっぽい発想だな。
出来るようになるのは結局、個人の熱意と創意工夫の部分が大きいから。
自分の中にそういうシステムを作るということは、コピーじゃ無理。クリエイトするということだな。
「みんな身体つきが違うから、みんな天才」と、格闘技の鬼といわれる黒崎健時先生は雑誌でおっしゃってたね。
ま、そんなとこです。本当に強くなりたいのなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA