日曜日稽古納め。※追記あり

ブログ見て昨日で今年終わった?と思った方からご連絡いただきましたが、土曜日の方が稽古納めしただけです。。
今年は大みそかまでで、新年も元旦から始動という、どこよりも早い道場開き!稽古納めした次の週には初稽古という笑
さて今日は女子二人に男性二人、その後二段のS田さん少し合流という感じ。
全員がS田さんの胸を借りた。このところ仕事関係でブランク空いていたが、やはり一枚上手といった感じ。
体格のいいM井おやっさんの押しをキッチリ封じていたけど、おやっさん次回からパワーに頼らない動きを作っていく気になるかどうか。
S田さんが休んでいる間に寝技同好会と化しかけたが・・その意味をきっちり説明できたし納得してもらえたと思う。
寝技というか、寝推手だな。これは体験するとわかる。
また私の動きがより省エネ、ノーパワーに近づいていることも体感していただいたと思う。
とにかくスタミナが持つ。運動は不足気味なのに笑
本当に強くなるということと、楽しさや安全性は矛盾しない。
また路上で使うことがあっても実用的かつ、過剰防衛的でないというのも重要だと思う。
この道場が道場生にとって都会のオアシスのような存在であれば・・というのが願い。
私は強くなったけども、いろんな人をボコったことを今は反省というか・・もっといい方法、つまり現在のこの道場のメソッドがあると思っている。
おもくそ殴り合う以上に効率のいい強くなり方があるのですよ。マジでね。
厳しさはほぼ不要。自由に気楽に、また気長に取り組んで健康と護身、より良い人生を送る一助になれば幸いです。
復活会員やら体験したが入会はしていない方も、またこの年末年始にでも来てみて欲しい。
もちろん無料体験で新たな出会いがあれば、これも大歓迎です。よろしく!
144.jpg
追記
自由推手の攻防なく、なんとなく寝技にいくと世界チャンピオンでもフツーにKOされたりするし危険が多い。
あくまで自由推手で立ったまま、かつ殴らずに制するのを理想としている。
しかし・・ただベットに押し倒すだけではダメなのは女性と一緒である笑
なのでしっかりその後のケアーをすると。それが寝技練習の意義となる。
打撃も寝技も全部あり状態で自由攻防を行えばエキサイトしやすく、ケガや器物破損の誘因にあるので避け、別個に行う。
寝技練習は道着を着用すればそれに依存した技術となるが、数発殴られると道着掴んでる場合じゃなくなりそれ系の技術が大体死ぬ。
なので掴みに頼らず動いて空間で制御するという、自由推手の要領で行うほうがよいと思う。
寝技特有の技術はあるにはあるが、どんどん経験を積んだほうが勝手にいろいろできるようになるので、とにかくいろんな人とやるとよいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA