命がけの実戦でガチで絶対負けない人になるために自由推手しています。

体験しても武道初心者の方にはうまく伝わらないかもしれませんが・・
実戦に備えるための最重要事項は体作りだと思います。身体意識重視の。
「技」を覚えちゃダメ。
なぜかと言うと・・相手が何してくるかわからんからですね。
あの技かけてやろう、あのコンビネーションで仕留めてやろう・・
こういうのはまずウマくいかない。
相手も常に動くし、力の入れ具合等も変えてくるしフェイントもあるかもしれないし・・
ある固定した状況でなく、底抜けに自由な状況で使える技が本物ですね。
自由推手に熟達すれば、全力で殴る蹴る等抵抗する相手に自分の手を当てると、相手を止められるようになる。
ナイフ等を持っていても・・です。
実戦の場合は相手が素手のほうがレアだと思っていたほうがいい。
これが防御の基本。最悪腕は刺されてもいいわけです。突進を止めると。
・・基本は武器には武器で対応しますが。
ここから先は投げて抑え込んで絞めてもいいし、そのままマウントパンチ連打してもいいし。
技っていうか・・腰が落ちて相手の圧力に耐えられること。
手足を出したらそこに力が乗っていること。足さばきがスムーズであることなど・・
動きのコツというか、体の文法?に従って合理的に動けることを訓練したほうがいいわけです。
私は「こう来たらこうする式の武道」では永遠に使える気がしなかったですね。
なのでそういうのじゃない、ガッチガチのガチンコの勝負用です。
ベットを背にして立ち「後ろは駅のホームで電車来てる設定」でも絶対押されないで押し返せる・・というのが自由推手の成果ですね。
これができると度胸がつきます。というか丹田ができてないとできない技ですね。心身の鍛錬になります。
しっかり立つ。しっかり歩く。これがなかなかできないもんです。

さらにその「しっかり」をコッソリ崩すという技もあるから奥深いんですが笑

初めはまず「しっかり」を目指していきましょう。
それだけで実は、型や技よりずっと実戦で使えます!

まじめに二年ぐらいやると実感できると思います。
無料体験・入会・セミナー希望など・・常時お待ちしています!

よろしくどうぞ(^_-)-☆!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA