腕力の強さを鍛える法と、筋力ではない武の実力とは?

これ面白いですね~
男なら誰でも腕相撲が強くなりたいと思った経験があるはず。

空手家で小説家、梶原一騎の弟として著名な真樹日佐男氏は

「ケンカが強い奴というのは間違いなく、腕相撲が強い奴」と語っていたらしい。
腕相撲はもちろん全身、とくに利き腕の筋トレは最重要だけど、発剄というか
全身のパワーをまとめてヒュッと出す技術がいると思います。
当道場の会員の方の、パワーありそうな方とは全員腕相撲してみましたが私が一番強いですね。
でも当然ながら・・腕相撲が強くても格闘技術や経験が一切ない場合は大したことないけども。
ただ、パワーをつける筋トレ的訓練は、たんに筋力を向上させるだけでなく、力の出し方を覚える、神経のトレーニングにもなっているということ。
つまり意拳の試力の練習の一環にもなる、ということが重要な意味を持ちます。これ否定する人は筋トレ未経験者でしょうね。
自重より重いものが持ち上がるなら、バックドロップ的な投げは教わらなくても出せますし、それだけで素人の域を超えているとも言えます。
もっとも相手の重心の位置によって相手の「重さ」が変化することを知らなければ、上級者には筋力・体格で勝っていても手も足も出ないはず。
そこを鍛えるのが真の試力であり、内功であり、武道の極意。
でも単にパワーがあるだけでも・・
型音頭で( ゚д゚)ハーッ!よりは相当マシです。

一般的な中国拳法の道場に行くよりはアームレスリングか筋トレジムのほうが数段実戦で使えるという事実。
76403893e451cce64b2c08ac30d7b350.jpg 
・・なのでまずはダンベルでもやってみるのはいいことです。
また骨格によって・・180cmオーバーの体格で鍛えてる人のパワーというのは常人より相当上、ということもわかってくる。そこでは勝負できないと。
現実が見えてくる。これも重要なことです。
そこを乗り越えていく技術がほんとうの武というもので・・
単に( ゚д゚)ハッ!なんて何年やってみても素人の域を出ることはないでしょう。
無料体験・新入会随時受付中(^^)/ 

何事もある程度腰を据えてやらないとできないよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA