武道の修行の意義は修行の修行。社会を生き抜くパワーを!

気功はさておき、あくまで私は実力の向上、実戦性の追求をやめない方針でいるわけですが・・
これは生物としての本能に根差した欲求を満たすということですね。「ま、結局オレのほうが強いし!」という結論になる笑
3秒で殺せるやつには逆にそこまでムカつかないもんですね。みんなガキンチョだもの。
フツーの会社組織に入って、40年は勤め上げるというのは・・とてつもない根性と忍耐の連続です。立派なんですよ、みんな。
そこでも「結局オレのほうが強い」理論は役立つよ! どんなエライさんでも30秒でケガすらさせずシメ落とせるならもう安心だ笑
結局まず実際にやることはないんだから、クダラナイといえばクダラナイけど・・人間は心の動物だから。
心にその余裕があれば生きられるとか、耐えられる。そして実際やれば、なにしてこようが余裕で勝てるし。
で、それが何となく伝わるんだよね。悪く言えば威圧感? よく言えば威厳とかオーラみたいなもんで。
あんまナメられないというかな。いつでもOKだと逆にかかってこないもんなのよ。ビビってないのが伝わるからね。
そういう効能は絶対ある。うちの道場はノールールNO1だから。ワンツーのツーがチ〇コとか日常だから笑
そういうルール的穴ぼこがないから、即そのまま使えるというのがポイントなのです。その時のために特化してるわけで。
そもそも内功でボディバランスやらパワーやらが全然普通じゃなくなるけども・・
生きていくうえで必須とは言わないが、あれば絶対効いてくる。人生全体に効いてくる。
無料体験・新入会員随時募集中(^^)/  強ければ意外と万能だよ。人生は戦いだから。

ベスト・キッドの少年たちももうデカいな。
時の流れだけは平等ですが、あとは不平等ですわ。。これが何かいい人生のきっかけになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA