現代学生や社会人が強くなることの真の意味について。

強くなることによって粗暴な人間になる、というのは誤解というか・・
その程度の知能では大して強くなってるはずがないんですね。最後はアタマを使うんでね、何事も・・
また強いったって現代は法治国家であり防犯カメラだらけであり、そう簡単にボコボコにできないし。
私が全力出したらプロでもまず死にますからね。 だから逆に私がブチキレる可能性は普通人の20倍は低いよ、むしろ。
それよりは法的にネチネチ追い込むか、広い心で許してあげるほうが得策なのは言うまでもないですから。
ただし法をも無視するタイプが必ずいますから・・そこでイクということですが、その自信がなかなかないもんです。
犯罪というほどでなくても、何かヘンなすごみ方をしてくるオッサンだとかに遭遇することは中年期を過ぎても人によっては多々あることです。
そういう時に「こいつが暴れだしたら俺は勝てるのかな」的な不安で締め付けられそうにある場合があるんですね。
こういうところを克服すれば、より人生に幅が広がるし、むしろ現代人もあらゆる面で好転するでしょう。
めっちゃんこ手加減しないと逆に危ないけど、絶対に抑えられると思える人。そこを目指して学生時代からやってきた。
「ふ~け~ば飛ぶよな~」もんですが、そこは極めてきたので、なんかのチャンピオンとかよりはるかに対応力があると。
国民栄誉賞もらえないけども笑 これは武道家の理想の一形態で、わかる人にはワカルということね。
ボコッボコにしてすごむためにやってるんじゃなくて、むしろ手加減気味に、やわっと抑えてやるためにやってるといってもいい。
そこで仮名としてでも柔体拳法としているわけです。合気道みたいな技の実戦版ですね。
ただ強いなら猟銃で撃てばいいんでね笑 そこは精神の修行なんだと思いますよ。
強いということでマウンティングしてるといえばしてるんだけど・・それで学校に行けるとか会社いける元気と自信が出れば・・
いんじゃないかと思いますよ。つらい体験を乗り越えて幸せをつかめる希望がわくなら最高ですよ。
ただアタマを使えといいいたい。
単に俺はつよいんじゃオラーみたいのはどこでもイラナイ子になるだけだぞ!不幸になるだけよ・・
強いのはおいといて、面白い人になるといいだろう。せっかく変わったものをやってるんだからネタにするべし。
無料体験・新入会員随時大募集中(^^)/ 本当の護身術をお見せしましょう! そして健康になって体力がつくぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA