内功力と筋力の違いについて2

見た目には私の動きとかも特に変わったように見えない方も多いと思うし、すごい力ありますね~とか言われたりする。触ってみると体の中がウネウネ動いていて、普通ではないと分かりますけどね。

何回やっても絶対勝てない感、崩せない感というのは、それなりにやってきた人相手ならば・・大人と子供ほどの体格差でもなければなかなか実現しないもんです。

何でもありルールならなおさら。

そこを鍛えてるというか、考えて作ってるという感じです。

再三いうように、不思議な技やカッコいい技は相手が本気出してると決まらないんですね。

要するに全部ウソであり、演技。本気でやったことがない人たちの「技」ですね。

悲しいかなそれが現実で、そこを見せないように、バレないようにやってる人たちがエライ感を出して、あるいは有名道場の館主感を醸している。

何年やってる人も、教えてる「先生」も内心はぜんぜん自信ないという・・

壮大なムダな労力・・絶対カネ全額かえすべきですけどね。

もっとも恥ずべきような、だましの商売をやりつつ人格者ぶって見せて、かつそれを世間は見抜けないというか、そっちをマトモと判断してるのは理解不能ですが・・

そういうのと一線を画すためにここを始めた、というのは何度も言ってますね。

今コロナ禍でどんどんそういう・・何となくの洗脳が解けた人が増えたと思うんで・・

本当に強くなりたい、どうせなら全然違うレベルになりたいという方の受け皿に・・と思っています。

もちろん簡単ではないけども、ここが一番重要なとこだから、方向性はバッチリ合ってますよ。

続けてる人はそれなりに強くなってる実感があるみたいだしね。

ほとんどは逆行してるか、あえて旧型のパソコンで頑張ろうとしてる感じで無理があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA