新技術から新指導法ができた7

今はそこそこ体も鍛えるけども、しっかり内功を効かせるということにほぼ全神経を集中することで十分という考えですね。

格闘技とかそういうのさんざんやってきた上でそうしてるけども・・

これだけやっても実用に耐えうると自負しているところです。

あと武器だとか打撃技も使えば、完全に極めたといえなくてもそれなりに護身できる。

自由攻防に近い感覚でやるところが特徴であって、

はじめから達人っぽい動きというか型を追求しているんではない、ということがポイントになる。

達人っぽいのは本人も受け手もだいたい不自然な動きになるので、格闘技目線でいえばウソつくな!!と言いたくなる笑

少なくとも毎回びっくりしたようにかかるのは絶対にオカシイと思う。

そういう偽の超能力ではないが、私のは異能力とはいえる。

他の格闘技・武道にはない動きを使っていること、安易にはマネ出来ないことがポイントですね。

また、あくまで遠慮なしのガチンコであるということ。

そうでなければただの踊りか、インチキ超能力者気取りであると断言していいでしょう。

そういうものにダマされないで、かといってただ鍛えて根性で本気でやりあうだけでもないという・・

中道を行くやつですね。本当の技というのはそこにあると思っています。

体を覚醒させる、小周天・大周天技法がヒントになるでしょう。

その気になってるんじゃなくて、そうでないとできないことができるようになること。

ここがポイントですね。

無料体験は常時受け付けなので、やってみよう!

プロレベルじゃなくて、普通のレベルで言うならどこよりもすぐ強くなれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA