内家拳護身術の重要性・実戦性について。3

人生には自信が必要だと思うんですね、ある程度は。

整形して幸せになった10代女子という、ネット番組に出ていた子が翌年に2人とも自殺していた、

というニュースを見たけども、表面の問題をクリアしたとしても人生の厳しさには対抗できないもんですね。。

突発的に発生する事象にどう対応できるか、を考えることが日常を生きるパワーにもつながると思います。

基礎コースと本格コース作りましたけども・・

子供さんとか内容の理解が困難なケースを除けば、本格コースのほうが全然上の内容ですから、あえて基礎コースしかやらないメリットはあまりないでしょう。

もっとも素質があれば勝手に上達していきますから、能力次第ではできてしまうかもしれないですが。

ものすごくはっきり言うと・・

格闘技の試合などでは決まらない、奇抜な感じの技、達人っぽい技=ぜんぶ完全いんちき、と断定してOKだと思います。

相手が本気なら格闘技の試合みたいに必ずなりますからね。よっぽど相手が弱い場合を除けば。

防具格闘みたいにやって、とりあえず自由攻防のカンを養っておくほうが・・

謎の技を覚えるよりはるかにいいと思っています。あとは内功ですね。

人間的にもグレードアップしてるな~と思ってもらえるような自己にしていくのが本当の修行ですが・・

自分はそこは非常におろそかにしてきたんで、そこはマネしないでもらいたいんだな。

そこはほかで習えというのもアレですが笑

ただホントに誠実にちゃんと強くなること、実用的であること、また安全性を考えることをやってきた自負はありますから・・

そこからいいところをツマんでもらえたら、それでいいと。

もっと言えば、楽しくて、健康で、モテたりするとそれでまぁいんじゃない、ということですね。

人間らしいとこで楽しむか、人間であることを否定するかの二択なら、こっちしかないと思うんで。

体験無料・入会随時。9月はペイペイキャンペーンで30%戻ってくるからお得!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA