上達の秘訣とある境地

みんなで練習するときは試しあいの場であり、一人稽古こそ王道。

立禅や馬歩、摩擦歩といったジミ~な練習を問題意識をもって毎日とにかくやること。

王先生曰く「速く動く練習はゆっくり動く練習に及ばず、ゆっくり動くのは止まっている練習に及ばない」

「教えて教えられず、習って習えない」

いざというときほど普段の動きが出てしまう。つまり普段の姿勢がいざの姿勢となる。

負けの7割は自滅というが、実は9割は自滅であると思います。 

「立つとは」「構えるとは」「力を出すとは」というそもそも論について思考を深め、いつでも体現できるようにすることが難しく、またこの拳法の楽しいところです。

天地と一体になって、地球と一つになったような感覚をもって動く、戦うというのは・・通常の格闘技・武道では達しえない境地です。

正確に緻密に、精密機械のような力学を体現した真の達人を目指す旅といえる。

これを会得すればあらゆる状況に対応でき、健康感があふれ心身統一され、

すこぶる爽快な気分が満ち、またその感が消えることなく永続するでしょう。

どんどん馬脚を現していくのでなく、やるほどに凄いと思える師を得たら上達は確実かつ速いでしょう。