男女の差を埋めるのは・・

天下の吉田沙保里様と亀田大毅君のレスリング勝負。
吉田さんはフィジカル的に成人男性ぐらいはあるんでなせる技ですね。
ただのテクだけでは実は難しいとこだと思います。
さらに柔道や柔術だと道着のツナヒキテクが出てきて、かなり経験の差が開く。
むかし柔道の山下選手が現役時代にレスリングやったらすぐ負けたらしいけど・・逆もまたしかりでしょうし、そういうモンですね。
あるルールの、ある階級の、ある時点でのチャンピオンというのは武道的には無意味ではないけど・・最高の価値では全然ないと思います。
柔道の大会でも一流選手が顔面に手が当たっただけでしばらくひっくり返ってみたりするし・・
だんだんと分業化していくというかな。
スポーツとしての純度が高まって、実際には云々を抜いて競技力に集中していってしまうために現実とは乖離してくる部分がある。
総合格闘技ですらそうですからね。
それでも型踊りオンリーよりは一億倍はマシですが・・かえって危なっかしい面が出てくる。
b2fc2596-s.jpg 
その辺を考えていく。
あと暴力というか、力の行使に敏感なこの世の中についても配慮していく。
その辺のバランスがあります。
魅せるとかチャンピオンを決めるより地味だけど・・
より安心で、より自信を持つことができるものでありたいというのが当道場の趣旨です。
基本的に格闘技でいいんですよね。でももっと現実主義だということです。
体格的に並みの女性でも・・
力のバランスを覚えればかなりのとこまで行くはずです。
もちろん相当努力いりますけどね。ちょっとぐらいじゃ並みのオッサンのほうがだいぶ上だと思います。
無料体験・新入会随時募集中(^^)/ 千里の道も一歩から!

合気上げの効用と、体験したい方への手引き。

合気上げはよくやっていた時期があったのですが・・

最近また、初心者の体験者向けによくやっています。
私に気を使ってマッサージを受けたくもないのに受けてから体験する必要はありませんよ笑 受けたい場合だけで結構です。
ただ体験に来ました!ということでOKです。
さて最近合気上げまたやりだして思ったのが・・
「ただ筋トレしたら強くなる」は言い過ぎかもしれないなと笑

筋トレでボディバランスが向上するわけではないんでね。
力が出ていないでアンバランス<力あるけどアンバランス
           <力ないけどバランスいい<<力あってバランスいい

こんな感じだと思います。
ちなみにボディビルダーの筋肉は使えない筋肉、なんていう俗説ありますが・・これはギリギリまで筋トレしてるためにパフォーマンス性能はむしろ落ちている、という意味でいいでしょう。競技性質的にそれを使うことは無視していいわけで。でもパワーだけは間違いなくある。
さて、合気上げの場合はまず手に力を集める訓練というか・・
自分が単に肩に力が入ってるだけで、手に力を集めることすらできていないという事実を「無知の知」として学ぶ、という側面が強いです。
正座してる分安全で、受け身もへったくれもいらないのも初心者にとってはいいですね。
投げであれ打撃であれ、腰のパワーが手に伝わっていないなら小手先の技で威力はほとんどないです。
その状態で技だけ覚えても砂上の楼閣ですが、それが一般的指導法なのです。
土台をまず作っていく。プロのボディバランスを作るわけですね。
歩法で移動しつつスキマなく動き続ける自由推手の完成の第一歩として、
まずパワーを出さないといけない。
その第一段階としては、片手推手より合気上げがいいかもしれません。
これは時々やってみましょう。
無料体験・新入会員随時大募集中(^^)/ 最初は誰でも初心者ですよ。

武道に対する幻想を捨て、確実に強くなる努力を!ニセ武道・ニセ護身術撲滅!

これは中国版柳○拳事件?
こういうわけで、リアルファイトは無情です。
相手を受け止めるパワーがないとね・・テイクダウン耐性もいる。
手をホニャホニャさせればビビるのは素人だけです。
この格闘家は若くて元気なだけでなく、普通に強い選手だと思いますね。
動きにキレがあってボディバランスもいいし、テイクダウンからの流れにも
無駄が全くないし。
意拳の先生ならもう少しマシだとおもうけども・・
総合格闘家相手ならウチのように寝技もあるていどやってて、投げもできるようでないと・・現実的に厳しいでしょう。
打撃をまっすぐ下がって避けるのはダメ、という例の最高の動画ですね笑
推手でなぜ手を抑えるのか、なぜ相手を押し崩すのかというと・・
相手の動きを止めて防御するため。その上達のための立禅等です。
自由推手をしっかりやってないと、打撃練達者の最初のラッシュでKOされてしまいます。ナイフ等持っていたらそれで死亡、終了です。
むしろ武器持ってたら・・という仮定がもうおかしいというか、実戦では普通武器持ってますからね笑

だから格闘技の試合で強くても全然分からないですよ。
武器持ってれば、いきなりは組めないんで、必ず両手を制するのが先です。
そこら辺を理解して、単に試合でかってドヤ顔したいんじゃなく・・
マジで実戦で何とかなるようにしたい。それが護身術なはずなんで。
再三いうように、意外とないんだな。
9割ぐらいは?型踊りのダンスパーティなんですよね。武道では全然ない。
実戦なんて想定してないくせに護身術とか言えるあたりはスゴイけど笑
これも、先生も弟子も無知ゆえの被害者同士だったりするんで・・単純に責めるのは酷だったりもする。
無料体験・新入会員随時大募集中(^^)/ 
本物かフェイクか、やってみないと分からないよ。
これみると少林寺云々ぬきでフィジカルが強そうだ笑
私もこれぐらい筋力あると思うけど・・
一番簡単なのは鍛えることだろうなぁ。これは万能だから。
立禅とかは習わないと絶対できないけど・・並みのプロ選手以上になれるよ。

自由推手における寝技の攻防についてなど。

今日久しぶりに千葉初段H鳥さんが来られ、いろいろと練習した後で寝技スパーを是非にということで実施。

実は寝技を慌てずに、ほぼ自由推手の感覚でできるようになったのは去年ぐらいから?だと思う。
それまでは「寝技」という概念に縛られて「寝技」を一生懸命やって焦ってしまっていたかな。
今は相手と自分のバランスを見ながら、そんなに頑張らなくてもできる。
自由推手でも寝技でもそうだが・・うまい人はバランスよく全身を操縦している。
体が大きくてパワーが私よりある人はゴマンといるが、私のようにパワーの保存がうまい人はそうそういない。
瞬間のパワーより隙間のない、持続的な安定した螺旋状のパワー=剄力。
実はパワーをうまく使いこなせれば、結果的に自分よりパワーのある相手にパワーで勝てるのである。

レーシングゲームで言うのなら・・中の上ぐらいの速さでもコーナーリングなどがうまくロスが少なければ勝てるし、エンジン性能が上でも壁にこすったり芝生の中にタイヤ出ちゃったりするとダメ・・みたいな話。
無駄に動いても疲れるだけ。
コーナーで大きく膨らんで追い越されるか、コースアウトするシーンを思い浮かべるといいよ。
体の操縦なんだな結局は。姿勢から歩法、発剄。
全部自分のバランスの問題ですね。立ってても寝ても。
寝技は必要不可欠だけど・・
それは打撃技という、本能に根差した最もあり得る攻撃を意図的にお約束で排除した、あるゲームに過ぎないこともまた事実。
引き込んでしまえば・・という考えが安直なことは、名だたるグラップラーが二流以下の総合選手に失神負けした例が枚挙にいとまがないことでわかる。
あくまで立って相手の手を抑え込み、投げて抑えてから始まる寝技が理想です。下からの寝技もできればなおいいですがね。
当道場には基本的にルールも、「ない技もない」です。
逆に使えないものは全てそぎ落としています。
無料体験・新入会員随時募集中! 本当に使える武道をやろうじゃないか。
400x244x00aca98a0470d7abcb2ea1de.jpg