昇段制度と階級

出席日数や修行年限、過去の実績や経験、コース等にかかわらず純粋な現在の実力で判断される。

人体の根本原理に至るまでよく考察しなければ、毎日何年きても一段も上がれない。

何度やっても絶対勝てるような、本質的な違いを身につければそもそも段位など不要です。

油断したり修行を怠れば、達人であろうと素人にも殺されることを思えば・・

段だのチャンピオンだの人前で誇ること自体が間抜けな話です。

いつ何時でも証明し続ける、真の武道家を目指してお互いに精進しましょう。

初段~2段 一般の人よりバランスがいい。力が出ている状態。

3段~4段 准士 アマ選手~初級プロ選手ぐらい。

5段 錬士 本格内家拳の原理を体現して戦える。指導員として認定。

6段~10段 教士 内気のコントロール・武器術も極めた最高峰の武道家レベル

☆5段練士で指導員認定カード進呈いたします。頑張りましょう☆