投稿者アーカイブ momijiro

投稿者:momijiro

女性会員Uさんの素晴らしい素質が開花し始めた

以前もご紹介した、女性会員のUさんが、さらに実力を伸ばしてきています。
本日稽古始めに、今日で三回目ぐらいの合気上げ訓練(双方正座して相対し、受け手は相手の両手を全力で押さえ、上げられたり崩されまいとする。仕手はその相手をどうにかして崩し、投げる)を行った際、
いくつかアドバイスしただけで、だいたい私と同じかな・・というレベルになってしまいました。
合気上げ訓練は難度が高いので知られるものですが、さすがはUさんですね。
もっとも、まだまだ足も手も同時に動くとバタつくクセがあり、このあたりの修正にはもう少し時間がかかると思いますが、まさに時間の問題というところでしょう。
片手推手・両手推手・合気上げ訓練。
この三つが出来たらカンフーインストラクターレベルとしていますが、もう少しですね。
すぐに理解できちゃうのでついつい熱心に教える関係で、また自分の技術の見直しができてこちちらも成長できたりします。また指導法も色々と思いついて、指導者としてもレベルアップできている感じでありがたいことです。
・・まぁこの方はある種の天才なので、一般会員の方は気にせずマイペースでやってみてください。
護身術として「昨日の我に今日は勝つべし」ということで楽しんで、人生にハリとツヤがでてくるということもまた
非常に重要な要素ですからね。
チャンピオンになるか、辞めるかの二択しかないわけではないし、武術はもっと奥深いものだと思っています。

投稿者:momijiro

またまた新会員誕生!

今度はカポエラの経験がある、という方。
どのぐらい経験があるのかは分かりませんが・・
意外と?体幹が強くて、それなりにはスパーリングもできていまいした。
ダンスのようなリズム感と、カンフーには共通点がある気もしました。
合気道の達人とうたわれた(私的にはそんなには・・だが)塩田剛三氏は
「合気道で一番強い技は?」の問いに対し、
「そら自分を殺しにきた相手と友達になることさ~」と答えたというお話がある。
これだけはエライ!!
・・と思うが、本当の友達は「遠慮のない間柄」でないとダメだと思っていますね。
上辺だけのトモダチ、上辺だけのソンケーなんて、ないほうがサッパリしていいでしょう。
本物の武術にはどうにもしがたい厳しさが伴います。
なぜなら人生というか、現実がそうだからですね。
殴られて蹴られて死んだら終わり。
刺されて死んだら終わり。
そんな状況では、正義も法律もへったくれも何もない。
誰も助けてくれないし、途中で止めてくれもしない。
ひたすらやられ、負けたら今までの人生の全てがまるっきりシャットアウト・・
・・それゆえにシビアに取り組まざるを得ない。
そして、それが一番の親切というか、優しさだと思うんですよね。
そこに耐えて本質をつかまないといけないもので・・
そこに面白さというか、醍醐味を感じてほしいと思います。
適当な、実際にはかかるはずもない技をネコナデ声で教えて
「よしキミは○段だゾ!」なんていったりする奴は・・
よほどの悪人にしか思えないんですよ、私は。

投稿者:momijiro

また新会員誕生!で思うこと

一応は?空手の経験があるとのことですが、58歳で武術コースに入会されました。
夜しか時間がない、ということで、チケット会員ですね。
この方は体験にこられた当初から私の技術に懐疑的で、推手をお見せしても
「これは先生の手が上になってるから有利なだけだよ」
「これはだって先生の手が伸びてる。フェアじゃない」
なんて、私からすればだいぶ見当外れのことを言い始め、
そうですかそれなら・・とスパーリングをお見せしても
「最近やってねーからな~慣れてないよね。先生は毎日やってんだし・・」
という感じでしたが・・
推手で「私が不利」な状態からでもなんどでも逆に崩せること、
自由攻防でこの原理をどんな攻撃にも即時即応できること、を何度も何度も・・
「もう、もういいですわかりましたから・・」と言うまでお見せしての入会です(笑)
カンフーの技術は・・格闘技経験の長い方ほど、すぐにこの素晴らしさに気づけるし感動もします。
素人かそれに近い方は・・なんだかダマされているように感じたりするのかもしれません。
でもこれは、玄人がハダシでダッシュで逃げるほどの超高級テクニックなんです。
暗示とかでは全くないし、実戦に即した、超現実的な視点で組み立てられた技法なのです。
う~ん、思い出した。
そういえば5,6年前かな・・
公民館で空手習ったことがあるというオバちゃんが、どういうわけだか完全に上から目線で私に挑戦?にきたことがありましたね(笑)
片手推手の説明をしているのに、いきなり足を差し替えて両手で押してきたりしてまぁ・・
それでも押し崩せないので
「そこから胸を押してもいいですよ」
と言ったら全力で両手で胸を押してもビクともしないので・・
ようやく「これは自分より上なんじゃないか」と思い至ったようでしたが・・
もう・・遅いですよね(笑)
その後オバちゃんは数回ほどモンドリうっては立たされる・・を繰り返し・・
目の前に、当たったら即死レベルの発剄打を猛スピードで何度も繰り出される刑に処せられ・・
かすりキズひとつ負うことなく無事帰宅されましたが・・
もう二度と私はおろか・・
他でも、あんな無礼な態度はとりたくても取れない人間に生まれか変わったことでしょう(´・ω・`)
当時まだ私は20代だったのでチョットうなされるぐらいやっつけましたが、
いまはもう35になるところで・・
だいぶ丸くなりましたから・・
あのオバちゃんにも、もう少しは・・優しくできそうな予感はありますね。。
上記の新会員の方も、言ってることは「(゚Д゚)ハァ?」って感じなことが多いんですが、礼儀正しい感じもあるんですよね。
そうアラサガシしたらいかんです。
さすがにそろそろ・・丸くなっていきたい今日この頃です。

投稿者:momijiro

気の医学のしくみと、本当の怖い話2

気功は危険なものか、というと、そうでもないです。
日常動作のすべて、行住坐臥、いつでも人体に気が流れている以上、つねに気と付き合わざるをえない。
誰でも気功を修行している、気が人生を支配している、という風にもいえると思います。
ようは火のようなもので、上手に付き合う必要があるというだけです。
気を集めすぎてもいけないし、必要以下に減らしてもいけない。
腹八分の気の状態がベストなんですが、何回か「ハラくだし」しないと按配がわからないですね。
これは自得しかありえません。
また、意識とカラダの関係性を知る、ということは、あらゆるスポーツに通じるものでしょう。
また日常生活を送るうえでも非常に有意義なはずです。
がむしゃらな独習は避け、経験豊富な師の助言をうけていけば、基本的には何の問題もないはずのものですね。

投稿者:momijiro

気の医学のしくみと、本当の怖い話

気は、中医学の根幹となる概念です。
「気のせい」とか、「雰囲気」という意味でなく、エネルギーとして実態としての気。
これが全身を血液のごとく流れて生命を生命たらしめていて、これの滞りが病気、気が消えてしまったら死亡、ということになります。
科学的に言うと何の根拠もない与太話、ということではありますが・・
昔の人はそう考えていたんですね。
気功を練習すると、やがてそれが実感できてきて「ああこれが気か、なるほど」と合点がいくようになります。
ただ私は、あまり人に、とりわけ整体をお受けになるお客さまにはすすめていないのですね。
これは、気功の練習というのは、ある種の禅の修業のようなものだからです。
もともとが、体の弱い、とりわけ自律神経系の症状(不眠・精神不安定等)をお持ちなら、修行には耐えられないと思うからです。
それはアンタがやさしく教えてあげればすむ話だろ・・と思うかもしれませんが・・
それは違います。誰にも厳しくなんかしていないですから(笑)
そうではなく、気功というのは、いわばラジオのチューナーを大自然と合わせていく・・というような作業なんですね。
そして、その「音」を聴いて、「正す」ことができるのは、実は本人だけなんです。
この辺はまさに禅の修業そのものですね。
不健康等に悩む人ほど熱心に、本当の意味でも命がけでチューナーを回すでしょうが・・
やり方がまずく、ふとした拍子に、ポロっと、
そのチューナーをあわすネジが取れてアウト・オブ・コントロールになったら・・
これは非常にまずい状態です。
健康な人は、無意識に自然と調和しているのですが、いつでも体調が悪い方は、無意識的にまずい方向にチューナーを持っていって、固定してしまっているようなのです。
なら自然に合わせてあげればいい。気功整体術はその効果を狙ったものですが、残念ながら効果は一時的です。
人間というものは、本当は、実に危ういバランスの中で心身の健康を維持しているものなんですね。
何も気にせずサッサと道行く人々も、何かの弾みで「チューニング」がずれてしまえば・・
パッタリと何にも「聴こえ」なくなり・・
非常に治りにくい病気にくるしむことになるんです。
自分は本当は、上空2000Mで綱渡りを敢行する命知らずのように生きている・・ということに気づいたら・・
むしろ「正常」であるほうが「異常」だ・・なんて話はここまでにしましょうかハハハ。。。
もともと健康な方は気にすることはないですよ。
気にするとチューニングがずれるかもしれませんしね(笑)
逆に、気功に熟練すれば、どこからでもチューニングを合わせられるようになり、異常に健康になります。
まあパンドラの箱ですから、ある程度の覚悟と元気・若さがいると思います。

投稿者:momijiro

最近入会した女性会員Uさん

体験にこられた時から、なかなか立禅などがサマになるなあ・・と思っておりましたが、まだ入会後二ヶ月たたないのに、かなり上達してきています。
闘技経験が全くない(私の影響でキックボクシングと合気道を最近始め、並行修行はしているがそんなに熱心にはいってない)のにもかかわらず、片手推手(お互いに片手で相手を押し崩しあう試合稽古)に限定すれば、プロ格闘家の方をのぞいて?並み居る格闘技経験者を全員ゴボウ抜きして、NO.1になっちゃいました。

カンフーの技術は、運動センスとはまた違う観察能力のようなものがいります。
Uさんはそれに天性のものがあるのでしょう。
こういうのは女性のほうが優れているのかもしれませんね。
おかげで教えるコツが自分でも飲み込めて、指導者としても成長できた気がしました。
両手推手になると、ほとんどスパーリングに近くなり、相手の体力に任せた圧力を体軸で支えつつ受け流していく・・というまた数段高度な技術が要求され、もっともっと練度をあげないと対応できなくなりますから、そこには高い壁がそびえてはいますが・・。
今は私としては、全てのカンフー道場生に、早く私と同じレベルに来てもらいたい・・という気持ちでやっています。
私を超えてもらって全然OK。
たくさんの指導者レベルの会員がでてきてほしいと思います。

投稿者:momijiro

最近また会員数が増えてきた。

地道に続けてきたかいがありました。
これで生計が立てられるぐらいまでがんばります!?あと100人以上(笑)
本当の武術を趣味として追求していく集団。
すばらしい強健術としての追求もあっていい。
禅的な精神性を求めてもいいでしょう(私は無宗教ですが)。
まずとにかく、カラダが革命的に変化してきます。

①正しい姿勢が身につき、全身協調したパワーとスピードがいつでも出せる。
②ふとした拍子に、腰が伸びるのでなく逆に落ちる(これだけで全然違います)
③手に力が宿る(剄力)
④手が勝手に相手の攻撃をサバいて崩して、おまけに反撃してくれる感覚(聴剄・化剄・発剄)
⑤精神的に落ち着きが生まれ、胆力が備わる。

これらは現代人日本人にもっとも足りない、忘れ去られた部分ですが、本当は人間の核になる部分なのでは・・
と思っています。
これを取り戻すことで・・
より強い自分となって、豊かで平和な人生を堂々と歩めるのでは・・と思います。
ケンカを売ってはいけません。そういうのは哀しい人生ですね。。
ただ、この場だけは譲れんと言う状況になったら・・
どんな相手でも鮮やかに制して、おつりが来るようになりたいと私は思いました。
ようは、あるルールにおける体重別選手権でチャンピオンになる、とかそういうことでない、本質的な実際的な武人としての実力が欲しかった、ということです。
それをカンフー道場で身に付けましょう、ということです。
興味のある方は是非無料体験&ご入会を!!新しい仲間はいつでも大歓迎です!!

投稿者:momijiro

「奇跡」の効果を生む中国気功整体術

先日からいらしておられるお客様は、
五十肩がかなりひどくて、痛みで飛び起きてしまうため夜も寝られず・・
毎日2時間ぐらいしか寝られない。
ついには問題の筋肉の切除手術までしたがまだ痛くて
寝られない・・
こんな状態でしたが、当店で75分コース一度お受けになっただけで痛みがかなり引き、
可動域も改善し・・なにより朝までぐっすり寝られたそうです。

痛みが完全に取れたわけではないですが、この絶大な効果!!
私の行っている中国気功整体術は、原始的な医学ですが・・
現代医学・または一般のマッサージ・整体では用いられない独特な手技療法です。
(先のお客様も、長年にわたり種々多用の整体などに通われたそうですが、こんなに良くなったことは初めてだそうです)

もうあきらめるしかないと思っている痛み・辛さに奇跡としか思えない効果を上げることがあります。
その手術、必要ないかも?!
日々の健康維持・体調管理にもきわめて理想的です。
ご来店お待ちしておりますよ・・いつでも何度でも
[emoji:v-218]