武道の達人になれば何人同時に戦える?どのくらいの体格差までイケる?

これたまに聞かれるんですけど・・

かのホイス・グレイシーは「相手が3人いたら逃げろ」と言ってるそうですが、まぁそんなもんじゃないでしょうか。甘く見積もって・・ですよ。
ラグビー見てても、デカい奴でも味方2人いればだいたい止められるし。
合気道の塩○先生とかはvs20人とかでやってますが絶対にウソです笑 
相手の体格・実力その他にもよりますけども、さすがにね・・
3人いればだいたい達人1人いるのと同等以上ですね。
もっともヒョロガリ3人じゃダメでしょうが。。
警察官とか職質するときゆるーく3人で囲んでくるけど、あれマニュアルなんでしょうね。
組技をやると、10キロの体重差がいかにデカイか分かりますよ。
寸止め空手や防具空手とかだと分からないですね。速さと気合でゴマカせる。
ボクシングでは2、3キロでパンチ力が全然違うと言われますね。
実際10キロ違ったら打たれ強さは相当違います。
60キロが10発殴っても70キロは倒れないかもですが、70キロのパンチは一発でKOぐらいかな。金的蹴りなら30キロ差でも一発KOだけど、後が相当コワイよ笑
打撃系格闘技は、実は仲間うちでガチンコ勝負はできないんですよね。
やってるとこは相当ケガしまくってるし、空気悪いんだまた笑
毎週ケンカしに行く感じで、全然楽しくない。。
ボクシングではヘッドギアの有無でまた全然違うといいます。素面の試合とスパーの時じゃ全然効き目が違って、あまり参考にならないとか。
ホントの全力スパーというのは大会などでしか出来ないからね、マトモな人ならば。気抜いた時の一発と、気合充分の時の一発でも違う。
そこまでやんなくても大体わかるけどね。
それが自由推手の目的なわけですし。
しかし生身の人間一人がいくらイキがって鍛えてみたところで大したもんじゃないということ。そこは押さえておくべきですよ。
みんな仲良くしたらいんですよだから笑 争わないことね。



勝敗は六分か七分勝てば良い。

八分の勝ちはすでに危険であり、

九分、十分の勝ちは

大敗を招く下地となる。


by武田信玄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA