現代中国で、こういうことが行われだしてる現実。追記あり。


中国にも十数人しかいない国家認定拳法家らしい。ま、こういうことで・・
原理的にはいいものがあるんだけど、そのままMMAに通用するわけではないんでね・・
中国人もそこは当然客観視できる。変化を恐れない自信の表れで尊敬できる。
マスコミにちょいちょい出てる達人気取りの人にワザワザ習っても、実戦では悲惨なことになることは私が保証します!

女性や子供をダマして儲けよう、という勢力には気を付けてもらいたい。死んじゃいますよ!

こういう感じだな。でも柔術も黒帯の時点で柔術家なような気もするんだが・・
原理なんだよね。原理だけ。推手の感じで構えてれば打撃でも投げも上手くなるんですよ。
じゃ格闘技だけやっても変わんないんじゃんかって? 
やってみればわかるが、ヤミクモにやっても天才以外はケガして終わりよ。。

サンドバックやミットを打つように、相手を自由に滅多打ちにできるわけじゃない。相手もよけるし攻めてくるんでね。
あと20代~30代前半までしかマジではできないと思うね。
そこら辺を立禅とかで学んでいくわけよ。安全に、一歩一歩ね。
幻想を抱いちゃいけないのよ。ホンキの相手を想定しないと。
流派を守ってもダメ。変わっていかないと。もっとはっきり言えば伝統=バカという理解でいいだろう笑
ま、自分もかなり柔道やってる人と柔道して完勝できるんで・・なんなんだろう感はあるけど。
内功の最善活用ですよ。それとあらゆる格闘技の研究。
単なるウエイトパワーではない。もうウエイトはダンベルしかないし・・
無料体験と新入会員随時募集中です。現実と安全性と、伝統技術のハザマをいくという・・
今は格闘技ジムよりはだいぶユルくしていますので安心ですよ。それでいてちゃんと強くなるけどね。
追記

これ上の動画の完全版の一つ。片手しか使わないでKOするつもりが、それはできなかったなぁ・・という一種の敗北感が漂う。
こんだけハンディもらってこの程度と言えばそれまでだが、ボディバランスはいいし経験を積めばもっと強くなる感じがある。
経験は誰でも積めるが、ボディバランスはちょっとやそっとでは向上しない←ここポイント。そこがカンフーの利点!

詠春拳は無駄じゃないよ。ただこれを生かすには自分もある程度はMMAをやらないとダメなんだな。
うちはどんどんスパーリングしていくスタイルでね。まだあんま習ってないよ・・とか言わずに。経験が一番の秘訣だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA