小学生でも女性でも入会できるし普通に上達もできる!2

このたびはだいぶ技術刷新したので、さらにリアルに小よく大を制す技になってきたと自負しています。

また教育上というか、子供に教えても半グレみたいにならないで、考えて行動する、考えの上に技ができるということを学ばせることが出来ると思います。

人生というのは常に危険と隣り合わせで、何が起きても基本的には取り返せないし、誰かが守ってくれる保証は全くないということ。これは一生そうです。

そこにこれを武器にして、サバイブしていってほしい。

何十年も習ってるとか、毎日練習してるとかよりも・・

普通の人にはない感覚、内功を得たほうが強いというか全然質的に違ってくるということ。

そこに20歳ぐらいには気づいていましたね。

それを最善活用していくのがカンフー道場メソッドです。

先生はすごい筋力あるね~と思うかもしれませんが・・

会員に筋力を鍛えさせると大体は劣化する傾向にありますね、実はね。

単純なパワーは素人にしか効かないが、パワーを最善活用していけば玄人になるということ。

そこをはき違えてはいけません。

何十年とまじめにやってきた人たちを軽く(実際はそう見えるだけで全集中している)抑え込むという技術。

そこをお教えしたいということですな。

もちろんすぐは出来ないというか、自己の革命というレベルで変化しないといけない。

私だってぜんぜん弱かったのに、いまは負けないようになっただけで、完全に後天的努力型ですよ。

地道にコツコツためていくんですね、気を。

そういうことで・・

無料体験・新入会員大募集中です(^O^) 健康目的・自己啓発目的でももちろん大歓迎です。

鬼滅の刃面白いですね~映画も見るかもしれない。

幽遊白書っぽいきもする。

新技術から新指導法ができた。6

この世界はハッタリとウソでできているといっても過言ではないので・・

私のところのように本当に使える、かかる技というのは他にほとんど類を見ない(逆にかなしい・・)

本気で抵抗する相手を制することができないのに武道武術を語り、かつ結構もうけているというのは・・

公正誠実を重んじる日本国の七不思議の中でも不思議度は高いほうではないだろうか。

その中でまじめに強さの追求、それも格闘技とはまた違う方向性と切り口でいくというスタンスできて、今日にいたっている。

中心力とかそういうものは格闘技選手でもわかってやっているとはいえず・・

そういった訓練を受けられる数少ない道場だと自信を持っていたが、この度さらにそれを深めた。

これをやることでいろんなことを考えないといけないし、内気の高め方等も分からないとできないだろう。

意識を変えることで人は大きく変わる。実力の面でも、精神面でも。

技もすべてデリケートなものであって、適当にやったんでは本物にはならないので・・

しっかりと地に腰を据えるような、本物だけがもつ気をまとってほしいとこですね。

健康効果も大きいですよ。風邪や感染症に強くなるし。

この前の青年も、その気なら入会は出来るよ。

少々気に入らないようなやつとも気を合わせられるようにならないと・・

本物の技ではない、と思い直した。そんなにひどいことも元々ないしね。

どんな奴とも合わせていくことが・・

技の上達につながる。

クドクド文句垂れるなら、そこどまりだな。

無料体験・新入会・復活会員随時大募集中(^^)

新技術から新指導法ができた。5

ボクシングでもなんでも、喧嘩みたいにやるのは三流以下の話であって・・

高いレベルは作業中の職人のように淡々と、すべきことをこなしていくことになる。

とくに現代日本における「実戦」においては、基本チカラの限りボッコボコにしてもOK、ということにはなりづらい。

元来打撃技には最大の自信を持っていたけど、はたしてこれは「実用に耐える」のかという部分もあるのである。

なので、私の内功を使った「耐えられない関節技」には価値があると思う次第。

メンタルコントロールにもつながるという意味でも有効。

ぶん殴ってやりたい、すべてのタガを外してぶっ〇したいという衝動は誰でもなくはないと思うが・・

そこをコントロールしないと、こういう緻密な技はかからないというジレンマが、ある種の成長を促す気もする。

内功を得ること自体が禅の修行のような部分もあるが、そこをこの関節技に落とし込んでいくというのも、またもう一段の修行になる。

自分の「悪」をもコントロールできる人なら、もうそこまで人生で大失敗しないだろうとも思うし。

そういう意味で心技一体の技法、社会的技法といえる。

学校教育現場とかでも使えるし、関節の原理を知ればケガさせない程度もわかるだろう。

主に防御のためにも、打撃技もしっかり学んでおくことも重要です。

子供にもこれだったらいいかな・・難易度はやさしくないけど。

武道をやることで人生が崩壊するということにならないようにしたいというのも私の願いの一つです。

そういうことで、だいぶ技術刷新&精神変革しましたので・・

またよろしくお願いいたします、のお知らせでした。

無料体験大募集中です(^O^) 

新技術から新指導法ができた。4

この前体験した人はキックの経験があるだけといいつつ、急に相当手慣れた大東流的な技を奇襲的にかけてきたり笑
(誰かに言われてきたのかな?)

ヒトとしてどうかという気もしたけど、もうキレたりムキになったりすることもなく・・

冷静に何回も技かけて、ケガする前にリリースするのをあきらめるまでやってあげることが出来た。

これは年齢的に大人になったとこもあるが(35ぐらいまでならもっと手ひどい歓待をしたかな・・)ムキになったってより強くなったり、カカリがよくなったりしないどころか逆効果ということが分かっているから、ということもある。

ただ、入会してほしいとは思わなかったので、全然教えはしなかったけど笑

結構強いと思うが、ほかでやったらキレられて凹られてしまうかもしれないし、下手な人なら骨折れるかもしれないので今後はやめたほうがいいよ、この前の34歳君。

からんできたら〇してもいい、ということはまったくないということね。

そこも重要ですな、変なことで捕まらないことね。

何度やっても勝てる、暗示でもなんでもない技をしっかり身につけて・・

それを自信に何かして生きるということ。

いつでも急にでもできるということは、彼はよくわかったろうが・・

普通の体験の方にはもう少し優しいということも付け加えつつ・・

無料体験募集中(^^)

人として著しくまずい場合以外は、だれでも入会大歓迎でございます。

こっちからはあまりすすめないよ、俺が勧誘されるの好きじゃないから・・

新技術から新指導法ができた。3

けっこういろいろやってきた風の無料体験のかたに人体実験させてもらって笑

また改良点というか、ようはもっとスピードUPでラセンを使うほうがさらにいいとわかった。

スピードを使うとだいたい勢いでやってしまうか、雑になる傾向があるが、そこは内観で得た感覚で早くて丁寧な仕事をするということ。

まずい点はかけられると「より痛い」ということぐらい。

勝負稽古でない場合はゆっくりやるほうが身に付きやすいし、相手の負担もケガリスクも少ないが・・

実際はマッハでかけるようにするとよい。

この技術自体はコロナで寝技とか密着系やめたいな・・から研究したみたいなものだったが・・

いまやこれがかなり使える、内功をいかんなく発揮できる必殺技みたいなものになってきた。

相当抵抗力や技耐性があってもかかる、というところがポイントで、そうでなければフツーの妄想型先生の技になってしまう。

これを習得すれば女子の護身術としても充分以上なんで、棒術もいらないきもしてくる(いるけど)。

アクセル全開で殴りあうとか投げ合うことで得られる部分は6割ぐらいで、あとの4割は考えることで得られると思う。

考えないと勢いとかパワー、若さスタミナといった要素が大半で、あとは経験値がつくのはつく。

型先生の弟子はその経験値もないしパワーもないから、よくて2~3割でおわるというのは悲しい現実ですが・・

一つの流派に固執せず、いつでも工夫して改良していく精神がないと・・

今となれば到底使い物にならない火縄銃術を伝統の金科玉条として死守しながら頑張ってる人みたいになりがちですね。

実用ということ。それもなるだけ合法でということ。

そこを現代の情報を駆使して徹底的に考えてやってると。

考えないとできないレベルを見せられるか、というのがミソでしょう。

現代日本で秘密の極意なんてないと思うが、本当の極意はそのレベルの人しか体現できないから、結局は秘密みたいなもんだと思う。

新技術から新指導法ができた。2

新技術というのは合気とか、化剄といわれる技術の一種だと思いますね。

今までもやってはいただろうが、ここまで明確に意識化して使ってはいなかったというだけの技術ですが。

今はこれが最高というか、これ以外の技術はあまり必要ではないという気がします。

教えてすぐ出来るかというと・・それはないな笑

複雑性を伴った動きができる人じゃないとできない。

もっとも才能のある人なら1~2年ぐらいでできるかもしれない。原理は単純ですね。

この練習は大勢で集まってやっても楽しいし、喧嘩みたいになりにくいというか、自分がそういう感じだとかけにくい、覚えにくいはず。

コロナが収まればな・・

技術体系を変えたし、集まってやってもいいし、こっちからもいくけども。

今は体験と個人指導でやっていきますかね。

自分のカラダの認識力が高まることが、一見不思議な技につながるんで・・

やはり一人稽古が王道なのは変わらないでしょう。

こういうのがやりたかった・・と大学時代の私が感涙するような武術が誕生したような気がする。

ガチでこういうことが出来るのはないだろうな・・

そういうことで・・

無料体験実施中ですので、いつでもどうぞ。

女の子でもオッサンでもできるが、かなり特訓がいるよ!

これが出来れば体の大小やパワーの有無は関係ないでしょう。

新技術から新指導法ができた。

新技術といっても今までもやってきた合気上げとか推手とか、ああいうものをさらに発展させて、よりラセン運動を意識化したものですが、これで効きというか実戦性が上がると思います。

今日までやってきた指導法のいくつかは廃止して、いくつかは新設して、より内功を高める方針。

うまくやればチビッコでもできるが、チビッコの理解力を思えばなかなか厳しいか?

ただの力ではない。

でも筋力は打たれ強さとか、耐久力も上げるので、実戦を考えたら必要だと思いますけど。

立禅ですべてをつかむのも、合気上げですべてをつかむのも大変ですが・・

両輪でいくこと、またできる人の感覚をもらうことで最短コースを歩めるかなと。

素質あれば2~5年で5段あるか?

これがあるなら、少なくも自分はそのぐらいでできた気がしますよ。

練習の質が最重要事項で、量ではないと思う。本人の意識が低いとどっちでもダメだけど。。

ほぼ全部の格闘技の経験から・・

自由攻防の練習は60~70点をとりあえず取るには最適だと思いますが、意外とそこ以上は難しくなる。

80点より上は意識の訓練、要は内三合の問題になると感じますね。

なのでプロ級の方にも更なるレベルアップのためにおすすめですね。

全然別の生き物にならないと、面白くはないんだな。

痛いだけ、もしくは踊ってるだけじゃないというのがカンフー道場の特徴です。

一見アヤしいが、実は一番いいやつ。

常に進化し続ければ、いつかものになると思いますよ。

お子様の入会、また当道場の特色について。2

子供らを集めてざっとやるコースもあっていいかなとも思いましたけども・・

結局うそを教えてるような感を拭えなかったので・・

年齢性別、コロナにかかわらずちゃんと姿勢を決める、

内功を得る目的でやるということに特化していこうと思っています。

そこを理解してる方は誰でも老若男女問わず、大歓迎ですよ。

一瞬だけやせるライ〇ップはもっと高いし、ここは一生使い続けるわけだから激安かな?・・高くはないと思います。

ほとんど誰にも通じない話をすれば・・

普通にそこらを歩いてても(実際にはふつうにではないけど)正中線に全部が収斂していくような感覚がでてからもっと安定感が出てきたな、とか相当マニアックな話までいくと、かなり違ってくる。

練習してる時と普段の違いがなくなるというか・・

そういうのは瞑想みたいな練習(タントウ功など)から作った意識であって、大勢の人との合同練習から生まれるものではない気がしますね。

一人静かに気づいて、目覚めるやつ。

そこそこ数年はやってきていても、しばらく見ないうちに逆にだいぶ退化してしまう場合もあるし。

これはやってみれば分かってしまう。ここもいいとこです。

ただ強いっていうか・・

やはり全然別の生物的な、まったく違う感覚で動くとか、それで働いて生きていくとか・・

そこが最高に面白い核の部分ですね。

そこを練習を通じて気づいてほしいっすな。

もっといい方法があるかもな・・という感じが常にあるんで、そこに向かって私も精進してる途上です。

もっとなんか・・生き仏みたいになるのかもしれないよ笑

長年月の試行錯誤がいつか実を結ぶ日が来るのを信じている・・

無料体験は営業時間中いつでも可能ですので、お気軽にどうぞ!

お子様の入会、また当道場の特色について。

このご時世という部分を除いても

ただ集まってわ~っとやるのは楽しい部分もあるし、いろいろ社会教育にもなるかもしれないが・・

本質的な変化とか他に類を見ない内功力の獲得とか、そういうことにはほぼつながらないだろうということ。

どーせ子どもなんだし、そのぐらいで・・

と思うのは、いささか甘いかもしれません。

というのも現実に危機が来た場合、それでやってしまうのが人間の性ですからね。

半端なことでは到底命を預けられる技とは言えないでしょう。

みんな技とか覚えればいいとか、いっぱい習えばいい感持ってますが・・

本当の技はその人にしかできないか、その人のレベルに近づいた人以外できない。

マネできないし、簡単に盗めないんですね。

なのでヨガとか気功教室の気持ちで、よく自分の動きを観察してなにか見つけていくような・・

そういうことを楽しむ気持ちならいいと思いますけども・・

例えばヨガや禅の深みを子供が理解するか?を考えるとアレですけどね。

今日も有名女優さんが突如、自ら命を絶つニュース出てますけども・・

自己を鍛えるとか、自他一体の境地を目指すとか・・

そういう修行というか、しっかり地に足が立っていく心身の

たくましさというもの。生命力というかな?

それはただ一瞬だけの勝ち負けとか、少々金があるとかいうことよりもっと本質的な価値があると思うんですね。

そこを分かってやってみると、はかどると思います。

上っ面じゃなくて中身の教育、本当の精神の構築が今こそ大事だと思います。

なぜ上達しないのか?

これは一つの理由は「それ以上に私が上達しているから」というまさかの理由もある笑 

ゴールポストがうごいてる・・

あるいは

なにか大きく勘違いしている、意味が分からず先生の形をマネしているだけ等は、逆に下手になるほうに向かっているといえる。

本当に分かれば日々の立ち歩き、一挙手一投足が質的に違うものになっているのが、見る人が見れば一発でわかる。

つまり、やらなくてもほぼ正確に分かるんですね。

本人もすごく納得して一挙手一投足を行っている状態かどうかが全部出る。表情とかじゃなくて全体に出る。

この辺は門外漢にはチンプンカンプンでしょうし、なかなか分かり合える相手もいないとこです。

敵は出来てないのに出来てると思う心だね。

慢心というか、先入観みたいなもんでしょう。

気功をやれば偏差がでるとか、魔境があるということも言われる。

そこを乗り切った人が出来てるともいえるし、大勘違いが小勘違いになって、勘違いじゃなくなってくるという意味においては・・

そこも重要な脱皮段階で、誰もが通る関門といえる。

ホントにできれば何回やっても勝てるし、少なくもその

「筋道」から外れようがない感じになる。こうなると安心。

ムズイといえばムズイが、ここに究極の武がある。

また気功の核心がある。

なんとかそこまで、やる気のある人は持っていきたいとこだと思うね。

タダの護身術とか健康法だとかではない、ものすごいダイナミズムが脳内で起こって、かつカラダで体現できるようになる。

まことに残念ながら、世の中の9割以上の人はこれの良さに全く感づいてないと思うけど。。

今は軽く、楽しく、やるようにしてるので・・

前体験してきつかった人も笑 ひとつもう一度懲りずにやってみてもらいたいっすね。

もっともっと・・全部変えろってことね。日常すべて・・