やはり内功というか、一人か私とマンツーでやる時間が大事かな・・

色々試行錯誤して、どうしたら早く実力がつくか考えたけども・・
結局は自分で気づくしかないな、という結論ですね。バランスが悪いか、力が出せない、保存できないなら勝負にならないから経験不足云々でもないかもしれないな。
金的蹴りがあれば横綱でもすぐハラバイですし、ルール上必要なコンビネーションとかパワーやスタミナを鍛えてもホントはあまり意味ないし。

これみてもね、ハンマー投げだって毎日鍛えて、とにかく何回もブン投げればそのうち一流になる、とかいうもんでもない。
やっぱ考えるし、何か発見する。悟るというかな。そういう過程を経て、安定して遠くへ投げれるようになるんでしょうな。
だからやっぱ立禅・馬歩だな。そこで何か見つけないと、相手見つけてスパーリングしても負けるだけで何も得られない。
だからもう土日とかの安いやつとかもやめるかもしんないね・・相手がいても勝負は自分の内部感覚だから。
それより何か見つけないと。個人練習や、私の動きから。
習うのはいいことだが、最後は自分の創意工夫で、誰かのマネじゃない部分が出てきたら一人前かもしんないね。
そもそも私の武道はそういうガツガツと、スパーやフィジカルトレをプロレベルまでやってきた人をあっさり倒すという種のものなんだから・・そういう過程自体も実は壮大なムダなのかもしれないな。イラナイのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA