指導法は個人に応じて違う。

自由攻防で使えるかどうかが最も重要なので、自由攻防でどんどんできるタイプはヘンに教えないようにしていますね。
どんな基本動作も難しい動きも結局は自由攻防のためなのであって、そこが一応でもできるなら別に要らないというかな。
体で覚えていくほうが速いという。
動けないでビビってしまうタイプでも、立禅とかで徐々に体を作っていけばそこそこできるようになっていくと。
ようはどんどん動いて戦え!ということね。
そこから「こうなった場合どうするか」「そもそもすぐ崩されるのはなぜか」という感じでフィードバックしていけばOK。
技じゃないんだな。力のバランスだとかタイミングで、しかも自由に動きながらそこをつかまないと意味ない。
とにかくやる!というのもいい練習なのです。全部の技を覚えても一個もまともに使えない場合もあるし、本質はそこじゃないよ。
あとは状況によって違うんで、ルールとか気にしないことね。
いきなりモップでブン殴るとか、いろんな方法があるのに常に素手オンリーしか頭にないようでは護身術にならない。
打撃投げ固めありのスポーツチャンバラみたいなスパーリングもたまにやってる。
木刀で戦ったりとかな。安全性と両方考えて、こういう場合はどうするか・・という感じで。
「なんでもありならカンフー道場」ということでよろしくお願いします。
暴力で何でもカタがつくなら私は今頃総理大臣だ笑  世の中そういうわけでもないが・・
自信をもって生きることで人生の幅が広がるとか、いざという時にホントに自分や大切な人を守れるならば・・
それは趣味としては上々でしょうな。ほとんどの趣味は実用性はないわけだから。
そういうことでまた練習しましょう。
無料体験は随時受付です。いきなり入会もできますのでお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA