合気・武術についての最新見解など。2

現実というのは非常に厳しいもので、本気で素手で死ぬ勢いで戦うだけでも相当怖いですね。

まして武器を持ったやばい人なんて、生半可なものでは対応不可能です。

そこで使える技術ということ、ルールや階級を限定しないこと、そして安全性を格闘技以上に考えること。

このガチと安全性の融合。

これを目指してやってきたというか、そうでなければやる意味がないし、長年はできないというものになる。

実戦においては極めて単純な技術以外はまず使えないし、いろいろやる必要は実はないと思います。

ルールとか階級で勝ち負けとか最強とか何とかいうのも・・

実戦になればまた違う話であって、そこにお付き合いする必要もとくにはないし・・

簡単に言うと力の集中とか、相手の圧力に負けない功力とか、要は自由推手で求められる能力をまずつけること。

ここが当道場のメソッドの核です。

ただ試合形式でやるだけでもまあいいですが、そこからさらに伸びるための内功ということですね。

達人の本やDVDより現実を見るってことが大事。命が大事です。

いつでもやって見せれるし、いつでも強い。

こう来た場合はゴニョゴニョ~とかいうのはフェイクだから無視でいいと思うよ。

どう来るかも、相手がどのぐらい強いかもわからないんだから、ある種つねに行き当たりばったりだけど・・

どこからでも強いという状態であれば、それでも常に安心できる。ここが核心。

瞬間の反応とかバランスですね。あとは流れ次第。これ現実。

体験無料・入会随時(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA