新初段B君かなり内功力がついてきたお知らせ。

初段になったB君とマンツー練習となる。
二段のH田さんにも押し負けない感じがでてきたな・・と思っていくつか内功のチェックをしてみると・・
充分にある!というか、有段者の中でも一番かもしれない。両手をもって押す・・という例のやつが一番できてるじゃないか!
あのH田さんの猛攻をしのげるのは単なるパワーではないと思っていたが、予想以上によい状態だ。
あとはその運用だが・・片手推手は力みすぎ、自由推手になると単調になりすぎる感があるのでそこは要工夫。
あとはビクトル投げ・片足タックルに対するカニ挟み等も少し個人的に試してみたが・・
まぁ使えなくはないが、基本的に捨て身技・奇襲技はメインに持っては来ないほうがいいかなと。
タイミングだがまだ実戦配備とまではいかない。正統派な技を磨くべし。
B君に他の太気拳系の団体のスパー動画の感想を求められたりして、言ってみると同じ感想を持った様子。
全体に当道場よりは腰高で、かつペチペチ掌打なんで目にでも当たらないとあんま効かないんだな。速いしうまいけど掴まれやすい。
(もちろん実戦ではグーパン入れるんだが、それはグローブつけて別にやらないと感覚がつかめない)
当道場においては推手で崩して、もしくは差し合いに勝って掴んで投げ固めるというとこまでやる。
ビンタ合戦もまぁある種の練習にはなるが、ウチのシステムのほうが実用的だと思ってる。
まぁ好みもあるしねそこは・・ウチは「道着脱いだ狭い場所の柔道プラス推手」みたいなもんですね。狭いんで押されてもダメという。
※レスリングのほうがいい(もしくは近い)のでは・・と言われたりするが、レスリングはクラウチングスタイルで顔を突き出すので膝蹴り、
 およびフロントチョークからの寝技地獄に陥りやすい。打撃技や武器ありを想定すれば柔道スタイルが賢明だと思われる。
広いんならもっと楽だ。狭いから地力がつくんだよ。一瞬でもヨタヨタしちゃダメね。バックステップも×。広さに頼るべからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA