カテゴリーアーカイブ 上達のコツ

気が通るにはどの程度の修行年限がいるか。

極めるにはそれなりの修行を要するでしょう。ただ要点を抑えればそこまで難しいのかというと・・

理解力というかやる気というか、モチベも関わる話ですが、まず通常2~3年ぐらいでだいぶ変わってくるはず。

何十年と、そこそこ名の知れたことに通ってるか、教えてる場合でも・・

う~ん、コレ違うな、という人のほうが多かったり。

自分の方向性と違うだけで、それとしては正しいんだと思うけども・・

ずっと腰痛持ちだったりするんですよね笑 体質や職業病等もあるんで、一概に言えないけど。

聞いてみると、エライ人の指示なんで無条件でそうしてるそうで。。

立禅法の長所は自分で考えて、みずから最良と思える改善法を探ること。そこに尽きます。

有名=すごいが全然ない世界ですからね。スポーツ選手じゃないんで。

全部疑ってみるというか、前提を一回外してみるとか・・その視点が重要。

ちなみに・・

すっごいやってきた感だして語ってくる≒何かものすごく勘違いしているか、全然ダメダメ

やってるうちに入らないと言う、意図的に隠す≒まぁまぁ、というのがアノマリー笑

自分にとってのべスポジというのが、実は基本だったり逆にマネに見えたりするもんで・・

マネしてもマネにならないが、達したらマネの如し。

十人十色ではなく決まった色が出る?ここが面白いところで。そして細かくは別物。

正しさの押し付けというのが、一番まずいですね。

こちらは、腑に落ちるまでの手伝い係ということで。 体験無料・入会随時(´・ω・)

内功のコツについて。3

お客さんなどにあんまり露骨に勧めないのは・・入れたくないんじゃないんですよね、当然だけど。

これわかるかなぁ?というのが一つと、半端にやってもかえって体調的にダメなような気も、しているからですね。

やる気がものすごくある場合以外は、どうかな~と。すぐには絶対できないしね。

もっとも一般にやられているタントウ功をより深めた、完全な小周天・大周天に至ることができれば・・

全然違ってきますからね。そこを得ずしてやめるのは、なんとも惜しいとこです。

そうでもないならば、普通に運動するジムにでも行くか、まだ始動してないけど護身術コースみたいに

とにかく動きで発散するほうがいいかなと。

なにか根本的に変えたいとか、本当の気を修得したいとかですね・・

そういう使命を帯びて生まれてきたかのような方に、向いたものかと思います。

キミは間違っている・・だが治せる! というのは事実だが、数年以上の単位の努力の成果として・・

という但し書きがつくということ。

ちょっとつっつくぐらいでは、龍は目覚めない。深いとこで眠っているよ・・

極意は自分の中に常にあるということ。

昭和の爺さんのヨタ話やハッタリにだまされないで、いまこそ本当の真実に出会うときですね。

何でも信じこむ人っているんだなと、この世界を見渡すと痛感しますが・・

そろそろ悪運が尽きる頃合いなような、気がしています。

合気・武術についての最新見解など。12

しっかりとした内功力等、一般人との本質的な違いがあれば・・

リアルには厳しいと言われる、男女差や大きな体力差を埋めることも可能だということ。

そこはちゃんと強調しておきたいですね。

そうじゃないと、自分も大きいほうじゃないし、できませんからね。

ただその過程で、圧倒的な体力に蹂躙される経験、また防具越しにも鼻にツーンと抜ける衝撃等・・

そういうシビアな現実に向き合い続けることなく、みんなでカタの踊りっこ、直しっこでは絶対にそこまでいけない!

夢のない武術が至高なんですよ。

ああホントに殺されるかもしんないな・・という状況で、どうするか。

VS凶器の場合等は単純な力の集中力とか、そういうのが一番意味ある。ちゃんと力をともなって動くという。

リアルを追求すればするほど、これになるという自負がありますよ。

その辺ちゃんとやってみたい方も、防具格闘的にやってみたい方もどっちでもいいですけどね。

いずれカタとかデントーだけでは、どうにもならんということ。

格闘技ジムよりこっちのほうが、実戦という意味ではもっと徹底してますから、やってみて感じてほしいですね。

何の能力もなくなぜか調子こいてる人になるのが、一番危険で無意味なんで・・

本来の意味を理解して、現実的努力をしていくのが唯一の近道だと思います。

フワッとやってる感かもしてるだけで、本物の実力がつくことはない。

何十年やろうと、一生なにも変わっていない不安と焦燥感、劣等感の奴隷になるか・・

ここにくるか、です笑

内功のコツについて。2

内的エネルギーの充実というのは、他のスポーツ等にはあまりない、当道場における最大の特徴の一つです。

いろんな武道の指導員や気功師の人も指導したり、お会いしたりしましたけども・・

一目見ただけで「ああこの人は、ここが違うな・・」というのが実は一瞬で分かる。

これは数年前からさらに如実にわかるように、なってしまいましたね。

正しい気のインストール、通気すればみんな?そうなると思います。

ここまで何十年もかかったのは・・間違ったことを教えられてたから、という話に尽きる笑

根本からチガウから、先入観を排除して、一回サラ地にしないといけなかった。

その段階においてはそれでよかったとも言えるが、いずれフルモデルチェンジをしないといけないということです。

むしろ、新たな段階に入るには破壊が必要で、すべては必然か。

ストレートにいけば3~5年。遅くて10年じゃないかなと思います。

あらゆる試行錯誤をしてほしいが、完全な樹海には入りこまないように見張ってもらったほうがいい。

ホントにできると、体調から丹田のパワーから、全然違ってきますから、明白ですね。

そこまでいく人を育成したいですね。この景色をみよ!という。

タワマンなんて比じゃない(いったことないけど、たぶん)。

一歩一歩の間違いのなさ、カラダの統一感というかな・・宇宙とのアワいつながり?みたいなのがありますよ。

単に瞑想とか気分的なものじゃなくて、何回でもやって見せられる。

そこがじつに良いところなのです。

また、消えてなくなることなく、なんなら増えていく。

キミは間違っている! だがなおせる。ちゃんとやれば・・

そこを体感したい方は、まず無料体験どうぞ (=゚ω゚)

リアル護身術クラスを今後少し推してみる予定。

とりあえずこの、防具拳法をやって、それで楽しいとか自信がついたというのでもいいし・・

その上の極意的な世界を見たくなったというのでも、いいでしょう。

やりたい方大募集ですね。なんでも一通りやれるというのは、充分つかえるんでね。

つかえないことに何年何十年と、躍起になってる人が、この界隈いかに多いかを思えば・・

需要あるはずだと思って、やってみる。じわじわ・・100人目指す?せかい大会やるか。

値段も安いし、ものすごい実戦で使えるから、いいと思うよ。体力強化・自己強化。

体験無料・入会随時(^-^) 強くなれJAPAN まんぼう解除から本気出すけど、今もやっています。

内功のコツについて。

これはちゃんとあるんで、がむしゃらに何回やればいいというものではないですし・・

また、その域ではないレベルの人に教えてもまず理解不能・活用不能なものでしょう。

あんまり教えないで、散々間違わせるほうが、最後に刺さるという笑

そういうもんですね。

だから間違えろ、負けろと。それが早道。

私もちゃんとわかってから数年じゃないかと思うぐらいで、そこまではまだ完全シックリではなかった気がします。

ある程度までいくと、その時の言葉が刺さるし、天から降ってくるわけですよ。

だから、ホントはスパーリングや自由推手は必須練習ではあるが・・

そこでホントに役立つのは技ではなくて、感触のようなもんですね。

そこで丹田とのイッチとか、そういう言葉では収まりきらないような・・

体内エネルギーの充実感というか、そのおさえきれない連鎖反応とういうのか・・

そこを実感してこそ、本格内家拳の練習といえるでしょう。

本気でやらないと、見えない世界があるんだよなぁ・・

たいていはあるフリか、あるつもりのやつ。ここは、あるんだ。確かなものが・・

フツーに生きてて、しっくり立つとか、動くということは、一生ないね。

でもある。できれば実際に見て、体感してほしい。

体験無料・入会随時(^-^) 

気功でつくるココロとカラダ

中年期以降は健康がまず第一ですね。

うまいこと地球に対してバランス良く立つとか、動く、歩くというのは・・

結構な意識改革であって、簡単にはマネできない熟練技とも言えます。

姿勢の崩れがメンタルも含めた体調の崩れにつながりますし、ケガにもつながる。

そこを訓練して正してみると・・全然ちがう自分というものを発見・構築できる。

いい年になればいろんな挫折やトラウマを持ってるけど、そこを吹き飛ばして・・

新しい気を入れてしまえば、なんてことはないことに悩んでいたような、どーきても、いけるような・・

自由で強いココロが実は自分の中にあったことに気づくでしょう。

自然の法則にのっとっり、細胞が空気を取り込み、血液を張り巡らせて「さぁ目いっぱい生きてください!」と24時間やってくれてるわけだから・・

ホントは何も心配いらないんですね。キユーですわね、基本は。

死ぬのは天の意思で、一生の安眠と思えばね・・今じゃなくていいけども、まぁそれも悪いもんじゃないと思うね。

体のつながり、意識とのつながり、宇宙とのつながり?で、きっとうまくいく・・と思うよ。

また練功しましょう。やればやるほどワカルのが気の世界。

護身術クラス改訂しました。4

実戦の場合は組み技格闘技よりも打撃格闘技の感覚でいたほうが、近いと思いますね。

銃とかで撃つか、刀とか棒があればホントは一番いいが、それは基本持ち歩き不可なんで・・

とにかくどんどん打撃を当てていく、触らせないみたいなほうがいい。間合いを保つのがベターかなと。

それでも組まれない保証もないし、組んで投げるとか関節極めるチャンスが来たらそれも、できたほうが当然いいし・・

簡単に投げられるようなバランスでは実は打撃自体も弱いんで、そこは強化したほうがいい。

組み技は、使えるのはすごい使えるんだけども・・

フワッと組むクセはよくない。武器もってる相手だと特によくないです。

その技をかけたつもりが起きたら病院のベッドか天国の場合もあると思う。

ルール無用と思えば「だれが最強だー」とかいうのは不毛な議論なんで・・

「ああ、こういう時は危ないな」「これは自分でも使えるな、防げるな」とか・・

そういう疑似体験をすることがとても重要だと思います。

要は実戦のカンを磨いて、研いでおくこと。

防具あるけども、ホントはないと思うこと。ゴム短刀もスポンジ剣も本物だと思うこと。

そうすれば、達人ぶってるスキに死んで終わりなのがすぐ体感的にわかるでしょう。

能力は高められるけども、所詮は人間だから。

ボディバランスの異様にいい、格闘慣れしたおっさんですね、自分の場合は。

できないことはやろうとしない。これもすごく重要なことだと思いますよ。

武道風オカルト教団みたいな、そういうのにハマらないことも護身術のひとつと心得えてほしいとこです。

体験無料・入会随時(=゚ω゚)ノ

女子マネージャーもなんとなく募集だ。なにをやるか・・映画見たりするんだ。ゲームやめたらアマプラ祭りでスローライフで悪くない。

内家拳護身術の重要性・実戦性について。5

これは内功を練り上げることと、実戦練習の繰り返しからできていくものでしょう。

素手で殴り合ったりして、どっちが強いか「本当に」決めようというのは・・

実戦に備えるという意味では、あまり有意義ではないと思います。

今うちの5段とやればまだ自分のほうが強いけども、むこうが武器持ち&こちら素手ならもう、まず無理なのであり・・

その意味では誤差、ということになると思うんで。そこが大会とか試合に前向きじゃない理由ですね。

一般の方が私と練習すると、一生勝てない感しかないかもですが・・

ちゃんと整えば、ほぼ互角というとこまでいくんですよね。原理があってやっているんで。

原理さえつかめば、女子や子供でも出来ない事でもないし、ただパワーでやっているのとはワケが違うんで・・

そこは諦めるには早すぎるし、それなりの年月がかかるという覚悟はいります。

逆にできればそれで一人立ちOKのレベルにあると言える。武器もってるより強いぐらいあるはず。

だからちゃんと推手が出来るならば、もう十分で、あとはアレンジ力という感じかな。

根本はタントウ功にいきつくが、そこは結局気功法であり・・

自分との向き合い方とか、力の根源、動きの始まりと終わり、連動等々・・

そういう太極養生功で求めるものと同一のものになるでしょう。

私の場合は内家拳の原理、格闘技の原理等々ぜんぶ研究してやってきた、独特な内功を用いた拳法を使うわけですから・・

これを是非に身につけて、人生を豊かにしていただきたく思います。

ただ試合形式で練習する、というのも否定はしないですけどね。それでも人によっては行きついてしまうのが、また面白いところなのです

体験無料・入会随時(´・ω・)

護身術クラス改訂しました。2

人間はいつでもヒグマを絶滅させれるが、逆は絶対無理ということ。

だから俺ツエーして終わるようでは、これは全然意味ないといってもいい。

武器の練習もしてみれば、素手なんてほぼお笑いレベルであって、誇ってもどうしようもないと思うでしょう。

そういうことで、カラダとココロをどう使うかの練功の準備体操みたいな・・

そんな気分でやってもらいたいですね。人体の謎、ひいては人生の謎を解く旅路。

気功の練功とどっちが先でもいいし、チケットでそれを平行でやってもいいですが・・

相性というか、どっちに惹かれるか、どっちが合うかで決めてもいいかと。

とりあえずざっくり体力を増強したほうがいいのはどっちも同じきもします。

あと数種間でコロナピークアウト説が有力で、オミクロンは米国では生ワクチン説が信じられていて感染100万人でも経済全開らしいけども・・

まぁ来月ぐらいから様子見てやっていこうかなと。

別に気にしない人は今日でもいいし、どっちにしろ少人数だけど。

感染対策は一通りやっていきながら・・というのは変わりません。

自分の人生とか、世の中がよくなるようなものでありたい、またそういうものを提供したいですね。

健康第一、いのち第一で、あとはなんか愛とかかな・・

そこは俺は何もないがね(・ω・)